Just Add Salt,

オランダ発!オシャレなウォーターボトルDOPPER

 

年末に夫がウォーターボトルをプレゼントしてくれました!

Dopperウォーターボトルとは?

f:id:sio-chan:20180117193018j:image

オランダに住んでいると、街中などでこのボトルを持った人をよく見かけます。

このボトルは水道水を持ち歩こう!というコンセプトのもと作られた商品であり、ペットボトルでなくマイボトルを持ち歩くことでエネルギー削減や環境保護にもつなげていこうという思いが込められています。

またDopperの売上の5%がネパールのウォータープロジェクトの支援に使われていているそうで、このDopperを使うことでネパールの人々に安全な飲料水システムやトイレの設置を含むプロジェクトのサポートにも貢献できるみたいです。

Dopper | The bottle is the message

 

このように、色の種類も豊富です。

f:id:sio-chan:20180118050209p:plain

引用:https://shop.dopper.com/en/nl/customizer

デパートやアウトドアショップ、スポーツショップなど色々なお店で取り扱いがあるようですが、公式サイトからなら自分専用にカスタマイズして購入することが出来ます!

 

Dopperがカスタマイズできる!?

私がもらったボトルも白のボトルに雨の模様を付け、カスタマイズされたものです!

私のボトルには入れませんでしたが、模様だけでなく名前やメッセージなど好きに文字を入れる事も出来ます。

f:id:sio-chan:20180118051629p:plain

引用:https://shop.dopper.com/en/nl/customizer

 

模様の色も自分の好きな色に変更可能!

f:id:sio-chan:20180118051703p:plain

f:id:sio-chan:20180118051914p:plain

引用:https://shop.dopper.com/en/nl/customizer

 

通常、店舗で購入すると€12.5ですが、

カスタマイズする場合は€19.5でした。

 

普通に買うよりは少しだけ値段が高くなりますが、みんなとは少し違うものを使いたいという方にはとてもいいと思います。

 

色の種類もたくさんあるし、模様も常時5種類くらいあるので(※季節によって一部変更あり)選ぶのがとても楽しく、私ももう1本欲しいほどです(笑)

 

ただのボトルじゃない!こんなおしゃれな使い方ができてしまう・・・。 

使い方としては、水を入れて持ち歩くのらもちろんのこと、キャップが2段階で外れて注ぎ口が広いので、フルーツなどを入れてフレーバーウォーターを作ったりするのにも最適です。

f:id:sio-chan:20180117193155j:image

私が驚いた使い方はこちら!水玉模様の部分も取り外せるようになっており、それを外すとコップにもなるというスグレモノです。

出先で乾杯!なんてこともできるわけです。f:id:sio-chan:20180117193201j:image

 

 ただ、見ての通り素材的に保冷保温機能は無く、耐冷耐熱に関しては-10℃から65℃となっており、基本的には常温で使うのが一番なのかなという印象です。

常温の水をこまめに摂るのが身体には一番いいなとは思うので、私としてはあまり問題はありません。

 ちなみに、、当たり前ではありますが水以外にお酒を入れても問題なく使う事が出来ました。

 

可愛さ、そして値段的にも、ちょっとしたプレゼントに良いと思います!!

車のテーマパークアウトシュタットで1歳の息子がビートルデビュー!?

 

ドイツののヴォルフスブルグ(Wolfsburg)にあるアウトシュタット(Autostadt)というフォルクスワーデンのテーマパークに行って来ました。

どのようなところだったか簡単に記事にまとめました。

 

フォルクスワーゲングループの車が一堂に会するテーマパーク

私たちはたまたま今まで乗ってきた車がフォルクスワーゲン(SharanとPassat)なので他の車も気になったので行ってみることにしました。

アウトシュタットにはフォルクスワーゲングループの車(フォルクスワーゲンアウディシュコダ、ポルシェ、ランボルギーニ)を敷地内にある各パビリオンで鑑賞することができます。

一部の車は展示だけですので全ての車に乗れるというわけではありませんが、鑑賞するだけでも満足の行く広さです。

チケットは大人€15。ちょっと高めかもしれません。

https://www.autostadt.de/en/start/

 

フォルクスワーゲンパビリオンで試乗!

フォルクスワーゲンのUp、Polo、Golf(数種類)、Arteon、Alltrack、Passat、Sharan、Tiguanに実際に乗り込むことができます。

こちらは2階

f:id:sio-chan:20180114192736j:plain

f:id:sio-chan:20180114192754j:plain

 

1階には展示車があり、2階にある車種意外にTouareg、T-ROC(日本未発売のコンパクトSUV)が展示してあります。

f:id:sio-chan:20180114192758j:plain

f:id:sio-chan:20180114193246j:plain

そして実際に試乗もできるようです(*要予約)

f:id:sio-chan:20180114192831j:plain

 

このフォルクスワーゲンパビリオンにはオフィシャルショップもあり、フォルクスワーゲンの純正部品やグッズを購入することができます。

f:id:sio-chan:20180114193508j:plain

f:id:sio-chan:20180114193514j:plain

f:id:sio-chan:20180114193518j:plain

f:id:sio-chan:20180114193521j:plain

f:id:sio-chan:20180114193527j:plain

 

アウディパビリオンで目当てのQ2を見てきた

フォルクスワーゲンパビリオンに比べたら圧倒的に小さいですが、中にはQ2、A8、Q7が展示されていました。

f:id:sio-chan:20180114193614j:plain

f:id:sio-chan:20180114193618j:plain

 

新車がぎっしり車タワー!

新車がぎっしり詰め込まれている車タワー。アトラクションになっており実際に車タワーの中をコンテナに乗って移動することもできるようです(恐らく別料金)。

f:id:sio-chan:20180114193923j:plain

f:id:sio-chan:20180114193930j:plain

私たちは行った時はポルシェパビリオンは工事中(?)だったようで残念ながら見学はできませんでした。

他にも昔の車(フォルクスワーゲングループ以外の車も)を展示するパビリオンやホテル(リッツカールトン)があります。

 

大人だけではなく子供に楽しめる!

フォルクスワーゲンのビートルに乗って運転できるコーナーがありました。1歳の息子にはまだ早かったかもしれませんが、生まれて初めて自分で車運転しました(アクセルには足が届いていませんでしたので私が終始押していましたが)。

f:id:sio-chan:20180114192040j:plain

小さいビートルがずらりと並んでて可愛い

f:id:sio-chan:20180114192044j:plain

アスレチックのようなプレイスペースもあり、子供は1日中遊ぶことができます。

f:id:sio-chan:20180114192059j:plain

 

フォルクスワーゲンの歴史や製造工程を見学

私はあまり車に詳しくないのでよくわかりませんでしたが、車が出来上がるまでの行程等を模型を使って紹介しており大人も子供も楽しめるスペースになっています。

f:id:sio-chan:20180114192513j:plain

車の塗装。なんでメタリック塗装がこんなに高いんだろうなと思っていましたが、塗装の層が普通よりも多いからなのか、、と色々知らないことを発見できます。

f:id:sio-chan:20180114192519j:plain

f:id:sio-chan:20180114192522j:plain

 

車に興味のある方は是非。

一生に一度は見ておきたい!超豪華モスクシェイクザイードモスク(アブダビ・ドバイ旅行最終日)

UAE旅行も終盤となりました。ドバイからアブダビに戻ります。

ホテルの人に年末にバスでドバイアブダビ間を移動する際には混むからなるべく早い時間帯がいいですよ、とアドバイスをもらいました。

午前のうちにアルグバイバのバスステーションからアブダビに向けて出発です。

バスステーションに着くとタクシーの運転手がやたらと話しかけて来て、アブダビまで行くならタクシーの方がいい、などと言ってきますがそこはサッと断りチケット売り場へ。

アブダビに行くチケットが欲しかっただけなのにsuica的なカードを買うことになる。

25AEDの運賃に加えて10ADE。夫が買って来てくれたので理由が分からずじまい。。

もうカードを使うことがないからデポジットをしようとアブダビのバスステーションの係員に申し出るも、ドバイでしか出来ない、とのこと。…腑に落ちない…がどうしようもないので諦めました。

もしかしたらチケットだけという買い方も出来たかもしれないので、今後行かれる方は聞いてみて下さい。

 

アブダビまで2時間弱、帰りも息子は出発してしばらくで眠りについたので私も寝ながら移動出来ました。

 

この日のホテルはヒルトングランドキャピタル

f:id:sio-chan:20180114085026j:plain

ホテルについてチェックインを待つ間、アラビックコーヒーとデーツをいただきました。初めてアラビックコーヒーを飲みましたが、独特な味わいでした。飲む作法もあるようで、夫が教わっていました。

息子にはホテルのロゴが入った水色のアヒルをくれました。

 

荷物を置き、アブダビ観光!

シェイクザイードモスクに行きました。

f:id:sio-chan:20180114085056j:plain

イスラム教の国だけあってモスクに入る際の服装(特に女性)には規定がありました。

エントランスでアバヤという服を無料貸し出ししていて、それを身につけてモスク内を観光します。

こんな感じです。

f:id:sio-chan:20180114085123j:plain

 

この豪華絢爛さ!お金がある国だということを思い知らされます。

f:id:sio-chan:20180114085159j:plain

f:id:sio-chan:20180114085218j:plain

f:id:sio-chan:20180114085222j:plain

f:id:sio-chan:20180114085224j:plain

f:id:sio-chan:20180114085232j:plain

f:id:sio-chan:20180114085238j:plain

f:id:sio-chan:20180114085242j:plain

f:id:sio-chan:20180114085248j:plain

f:id:sio-chan:20180114085255j:plain

f:id:sio-chan:20180114085301j:plain

f:id:sio-chan:20180114085305j:plain

f:id:sio-chan:20180114085310j:plain

f:id:sio-chan:20180114085321j:plain

f:id:sio-chan:20180114085322j:plain

f:id:sio-chan:20180114085327j:plain

f:id:sio-chan:20180114085330j:plain

靴を脱いで下駄箱に入れて入るのですが、たくさんの人がいて靴がなくなってしまっては悲しいので、持っていたビニール袋に靴を入れ、持ち歩きました。

 

駆け足でしたがアブダビ・ドバイ旅行終了です。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。 

 

◆最初から読む

sio-chan.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

保存版!ドバイモール、ブルジュカリファの攻略編!(アブダビ・ドバイ旅行4日目)

ドバイ3日目はドバイモールとブルジュハリファに行きました。

 

ドバイモール

f:id:sio-chan:20180114070044j:plain

f:id:sio-chan:20180114065903j:plain

世界最大のショッピングモールで、その広さはなんと東京ドーム23個分!!

1200のショップ、百貨店、水族館、映画館、アイススケートリンク、屋内テーマパークなどなど…。もう全てを見て回ろうと思うと1日では足りません。

そして何と言っても、疲れます。

人がたくさんいるしお店をふらふら見ているだけで結構な距離を歩くことになります。

ですので今回私たちが感じたドバイモールの注意点と歩き方、ブルジュカリファの注意点をまとめてみました。

 

ドバイモールの階層を理解しろ!

ドバイモールは地下1階、1階、2階、3階の全4フロアで構成されています。しかしながら各階層のフロアの数え方が若干(?)日本とは違います。

ドバイモールでは、

日本式地下1階=LG階

日本式1階=G階

日本式2階=1階

日本式3階=2階

と数えます。地図にもこのLG、G、1、2しか書いてありません。

これからこの記事内に記載する階層はドバイ式で記載しますのでご注意ください。

 

*お子様連れ必見!エレベーターには注意しろ!

ドバイモールのエスカレーターは基本的にベビーカーの乗り降りは禁止されています。ですので毎回各階の移動はエレベーターでする必要がありました。

私たちはここが完全に盲点だったのですが、ドバイモール内に設置してあるエレベーターは一部のエレベーターを除いて「G階止まり」です。

LG階に行きたい人はLG階に行くエレベーターに乗らなければなりません。これが厄介。ドバイモールで一番厄介だったと言っても過言ではありませんw。

私たちが見つけた限りLG階まで行けるエレベーターは3機です。

以下のオフィシャルサイトを見ながら本文章と見比べてください(画像が記事内に貼れず申し開けありません)。

thedubaimall.com

*ウェブサイトに飛んだら右端のプルダウン選択肢からLower Groundを選択いただくとわかりやすいかと思います。

① 中央真下のStar Atriumの丸の左上のNeuhaus(カーソルを持って行くとお店の名前が表示されます)の裏

②中央真下のStar Atriumの丸の右下の一つ右側のHummingbird bakeryの隣

③地図左端のブルジュカリファ側周辺

です。

私たちは丸1日居て③のエレベーターは場所が不便すぎて使いませんでした。

例えばモールの端のほうのお店にいて上の階に行きたいという時は毎回Star Atriumまで戻る必要があるわけですよ。

もちろんこのメインの2機のエレベーターですが、親子連れがずらりと並んで居ます。

つまり何が言いたいかというと各階で行きたい所を事前に絞って効率的に回れるに越したことはないということです。

 

混んでくる時間帯が日本と違うから注意しろ!

ドバイモールは夜24時までやっているようです。日本ではありないですよね。

そして日本と違って面白いなと思ったことはモールが混み合ってくる時間帯です。日本はだいたい昼過ぎくらいがピークですよね。このモールは夕方以降が混雑のピークを迎えます。そして女性には辛いのですがトイレが長蛇の列になります。並んでからトイレに入るまでに20分もかかりました。

 

モールの歩き方。ここだけは行っとけ!という場所

世界一の巨大水槽

場所:G階、1階、2階の中央からならどこからでも見られる。

f:id:sio-chan:20180114065927j:plain

f:id:sio-chan:20180114065930j:plain

f:id:sio-chan:20180114065935j:plain

f:id:sio-chan:20180114065940j:plain

f:id:sio-chan:20180114065942j:plain

これは簡単です。

LG階から到着した人はG階に上がるだけ。G階から来た人は中央付近に行くだけです。私たちは時間の関係上水族館には入らなかったので、この水槽を眺めるくらいでしたが、十分大きいですね。お昼頃はそこまで並んでいませんでしたが、夜帰る頃8時過ぎには長蛇の列が出来ていました。

 

SHAKE SHACK

場所:1階The water fall周辺

f:id:sio-chan:20180114070001j:plain

f:id:sio-chan:20180114070004j:plain

一昨年日本にも上陸して2−3時間待ちになったというあのNY初のハンバーガーチェーン店です。オランダには未上陸なので日本の情報番組で紹介されているのを見ては食べてみたいと思っていたのです。

ドバイモール店では待ち時間は1分程(ほぼ待たない)で、逆に早すぎて何を頼もうか焦って決めたほどです。

とりあえず初回なので私も夫もシャックバーガーを頼みました。

値段が確か26AED/個でした。ユーロに換算すると6ユーロぐらい。

少々お高めの値段設定ではありますが、お肉もしっかりとした味で、とても美味しかったです。

今度はホットドックやポテトも食べてみたいからオランダにも来て欲しいな。

 

高級レバノンチョコレートPATCHI

場所:LG階 Star Atrium周辺(Neuhausの正面)

f:id:sio-chan:20180114075135j:plain

レバノンのチョコ屋さんらしいです。暑さにも耐えられる特殊なチョコであるだけたちまちドバイに行ったら買っとけという品になったようです。私が入店した時だけかもしれませんが、店内には日本人や中国人のお客さんが多かったです。既に箱詰めされたものも売っていますが、どれもけっこう大容量でした。

カウンターではカラフルな包み紙で包まれたチョコを自分の好きな様に箱に詰めてもらうことも出来るようです。それだと少量からでも購入できるとのことでした。おみやげなんかにいいですね。

http://www.patchi.com/landing/default.html

 

日本のパン屋、YAMANOTE atelier

f:id:sio-chan:20180114075514j:plain

f:id:sio-chan:20180114075518j:plain

メロンパン、あんぱん、焼きそばパンなど、日本のパンを買うことが出来ます。

この日ブルジュハリファに登る予定だったので、降りて来て帰り際に買って帰ろうと思って後回しにしてしまったのですが、ブルジュハリファの入り口とは真反対のところにお店があったので疲れもあって諦めてしまい食べれずじまい。。。

 

Yokumoku...?

ドバイにはyokumoku(ヨックモック)があり、人気だという情報を事前にネットで見て、このドバイモールにも店舗が入っているとのことだったので是非行ってみたかったのですが、探せど探せど店は見つからず…案内のお兄さんに聞いたところ、(ドバイモールの店舗は)閉店してしまったとのこと。探す前に聞くべきでした…。

ドバイ限定のピスタチオ味のシガールがあるとの情報を見ていたので食べてみたかったのですが、また次の機会にということになりました。

 

*番外編。疲れた時の休憩穴場スポット

一日中歩き回るので本当に疲れます。ただどこかに座ってゆっくりしたいと思っても意外とカフェは混んで居たり、混んでないカフェがすごく高そうだったりなかなかちょうど良いところがないなと思っていた時に思いついたのが、スタバ。

ドバイモールにはスタバが4店舗入っていますが、どの店舗も混み混み。

G階のスタバは2箇所あるはずなのですが、Levi'sの隣のは見つけたけどもう1店舗がどこを歩いても見つからない。。どうしたのか。

地図を眺めているうちにやっと行き方がわかりました。The water fallをぐるりと回ると駐車場とモールの間にもう1列お店が並んでいることを発見!

 

ここにあるスタバはかなり空いていました(座っていたのはゲームをしている子供2人とカップル一組だけ)。

UAEのスタバには抹茶フラペチーノが!もちろん飲みました。

オランダのスタバのメニューには抹茶は無いので久しぶりに飲めて嬉しかったです。

スタバの前の通路は天井にカラフルな傘がぶら下っていて、可愛い。

f:id:sio-chan:20180114080519j:plain

 

帰りのタクシーには気をつけろ!

LG階からタクシーが出ています。私たちは20時頃にタクシーに乗ろうとタクシープールに向かったのですが、おそらく20分ほど並びました。

そしてドバイ恒例(?)のタクシードライバーによる「このタクシーは5人家族用だ」、「前に並んでるタクシーから乗れ」等の謎の言い訳で断られたり断ってきたタクシーが優しく誘ってきたり情緒不安定な様を見ることになります。

 

 

ブルジュカリファ

そしてこの日最後のイベント、この旅の最大の目的と言っても過言ではない、ブルジュハリファです。

f:id:sio-chan:20180114082247j:plain

ブルジュハリファの入り口はモールから直結しています。

このカウンターにてチケットを引き換えます。

f:id:sio-chan:20180114082319j:plain

 

ブルジュカリファのチケットは絶対にインターネットで購入せよ!

チケットは当日も購入可能ですが、前売りのチケットの4倍程するみたいなので事前にネットで購入しておくことをおすすめします。最悪当日券すら購入できないこともあるようです。

 

チケットは2種類あり、

①148階(最上階)までのチケット通称”At the top sky” 

②125階までのチケット通称”At the top”

もちろん値段は②のほうが安いです。

そして①、②共に時間帯割引(夜19:00以降)があります。

私たちは148階まで行けるAt the top skyチケットを19:00のもので予約し、2人で355AED/枚(89ユーロ程度)でした。

私達は事前に購入していましたが、前売りチケットでさえもこんなに高い!当日券は4倍…もう登れなくなってしまいます(笑)

 

At the top sky(148階)チケットのメリット

①世界一の展望台はあくまでも148階

f:id:sio-chan:20180114083634j:plain

料金は高いですが、世界一高い展望台に登るチャンスであることは確かです。どんな景色が気になりますよね。

 

②登る前のSky loungeでお菓子・お茶が飲める

f:id:sio-chan:20180114083100j:plain

f:id:sio-chan:20180114083105j:plain

そこまで大きなメリットではありませんが、待ち時間を無駄にしない工夫がされている点が気に入っています。デーツ入りのクッキー(?)も美味しかったです。

 

③148階のチケットは人数制限有りだから展望台内は混み合っておらずゆっくりできる

f:id:sio-chan:20180114083618j:plain

決して人が少ないとは言えませんが、たくさんの人の中を掻き分けながら夜景を見るということをしなくても余裕で外が見えるくらいの人の量で快適でした。

最上階のラウンジでも飲み物、お菓子が振る舞われました。

 

④148階、125階両方の展望台に行ける

At the top skyチケットはAt the top skyのチケットでしか行くことが出来ない展望台148階、みんなが行ける展望台のどちらの展望台にも行くことが出来きます。

見比べてみるとわかりますが、125階は非常に混んでる。。

 

⑤地上に降りる際のエレベーターのファストパスが強烈

一通り景色を見終わった後にエレベーターを使って下に降りなければならないのですが、At the top skyチケットはエレベーターのファストパスがあるので降りのエレベーターには並ぶ必要がありません。

これが結構強烈で、通常のチケットであれば恐らく30分以上並ばないとエレベーターには乗れないのではないかと思うほどの列を掻い潜って降りてこられるので非常に助かりました。

 

総括 

景色だけで言えばどちらの展望台でもしっかりと景色を楽しめました。

なので、時間を有効に使いたい人や人数制限ありのat the topにてゆっくりと景色を楽しみたい人は少しお金を出してでもこのチケットがいいかなと思いました。

我が家は子供がいたので、長時間人混みの中で待たせることがなくて結果良かったです。

*お土産屋さんは125階と登り終わった後の1階の出口付近にあります。

f:id:sio-chan:20180114084733j:plain

f:id:sio-chan:20180114084737j:plain

 

この日は降りて来たら8時半。モールはまだまだたくさんの人で賑わっていましたが疲れていたのでスーパーで夕食を買ってホテルに戻りました。

 

ドバイ観光も終了。翌日はまた高速バスでアブダビに戻ります。

 

アブダビ最終日編に続く

 

◇過去の記事

 

 

 

 

 

 

ドバイパキスタヤ地区でアラビックなアートとアイスティーに感動した(アブダビ・ドバイ旅行3日目)

ドバイ2日目。

今日はスーク巡りとパキスタヤ地区に行きます。

ホテルからオールドスークまではタクシーで向かいます。

 

私は苦手でした。オールドスーク

f:id:sio-chan:20180113052620j:plain

f:id:sio-chan:20180113052743j:plain

f:id:sio-chan:20180113052845j:plain

f:id:sio-chan:20180113053026j:plain

f:id:sio-chan:20180113053041j:plain

 

 ここ、すごく私には合わない場所でした。笑

以前トルコのグランドバザールに行った際にも客引きは経験していますが、もう、比じゃない!商品を持ってカタコトの日本語で近寄ってくるだけなら全然いいのですが、もう布とかを私の頭や肩にかけたり、私が押していたベビーカーに雑貨を乗ってけて来たり。強引すぎ。(厄介なことに旦那な異国の人と話をするのが好きなようで無駄に話しかけたりしてるのでもう最悪ですよ。)

それを返しながら進むのが面倒で、途中から前だけを見てスタスタと歩いたのでほぼ店は見ていません。笑

コンニチワ、オカチマチー!と、どのお店の客引きもやたら御徒町を連呼していていましたが、御徒町が流行りなのか…。

この後にスパイススークやゴールドスークも訪れる予定でしたが、止めにしました。

おそらく楽しめる人は楽しいのかもしれませんが、私には向いていませんでした。 

 

そのまま歩いてパキスタヤ地区へ

f:id:sio-chan:20180113053339j:plain

とても静かで落ち着いていました。雰囲気もよく、おしゃれな隠れ家カフェや雑貨屋が軒を連ねている。

 

XVAカフェのアイスティーとレモネードが引くほど美味い

XVAカフェにてお茶。アイスティーとレモネードが非常に美味しかったです。

f:id:sio-chan:20180113053657j:plain

f:id:sio-chan:20180113053806j:plain

f:id:sio-chan:20180113054022j:plain

f:id:sio-chan:20180113053822j:plain

f:id:sio-chan:20180113053848j:plain

f:id:sio-chan:20180113053851j:plain

このカフェにはホテルもあるみたいですので興味がある方は是非。雰囲気は抜群です。

XVA Hotel Dubai

 

一生の思い出になったカリグラフィー

その後、アラビックカリグラフィーのお店で家族3人の名前を描いてもらいました。

全く読めないけど、1枚1枚職人さんが書いてくれてとても素敵なお土産になりました。

通常は10×15のサイズで50AEDです(写真に写っている小さいサイズのものが10x15です)。

f:id:sio-chan:20180114064324j:plain

私たちは家族3人の名前を書いて欲しかったのでそのサイズだと小さく感じ、20×30の色紙に描いてもらいました。20×30サイズ150AED。

f:id:sio-chan:20180114064444j:plain

f:id:sio-chan:20180114064724j:plain

f:id:sio-chan:20180114064416j:plain

文字数は特に関係がないみたいで、値段の違いは台紙のサイズの違いだそうです。

台紙の大きさにもよりますが、文字だけならば20×30で15分ほどで仕上がりました。

お店の名前を聞くのを忘れてしまいましたが、場所はなんとなく思えています。(お店の名前は下の写真ですが読めませんので…)

f:id:sio-chan:20180114065732j:plain

下の地図の目的地の少し南側の小さいお店でROYAL SAFFRONという下の写真のようなお香スタンドを売っているお店の隣です。

f:id:sio-chan:20180114065701j:plain

 

パキスタヤ地区からアルグルバイバのバスステーションのところにあるカルフールに行きたくてタクシーを拾おうとするも、またまたいっこうにつかまりません。

この旅でタクシーがつかまらない、もう何度目でしょうか。。(このタクシー難民は旅終盤まで続きます…)

止まってくれても行き先を答えると走り去って行ってしまいます。

仕方ないので歩きました。

 

ここでホテルで食べるおやつや、おせち料理に使う栗を買いました。

買い物後、ホテルに戻ろうとしますがやっぱりタクシーがつかまりません。

どうやら夕方の時間はタクシードライバーの入れ替わりの時間帯で誰も乗ることは出来ないらしいのです。待てども待てどもらちがあかないので、ホテルの最寄りまではメトロで戻りました。予想は着くかと思いますが、最寄り駅からホテルまで前日と同じ流れでしばらく彷徨うこととなります。

 

ホテルに戻って来たらなんだかどっと疲れが出て来たのでしばらく休んで、この日はホテルのタイ料理レストランにて夕食です。

(もともとはシーフードレストランに行く予定だったのですが、そのレストランは現在やっていないようでした。)

タイ料理でいいか、というくらいで入ったレストランでしたが、このレストランはタパス形式で色々な種類のものが食べれ、どの料理も美味しかったので良かったです。

ホテルの記事のところでも書きましたが、店員さんがとても対応良かったです。

 

アブダビ・ドバイ旅行4日目に続く


◇過去の記事

 

 

 



 

 

 

パークハイアットドバイに泊まってみたら最高だった理由(アブダビ・ドバイ旅行番外編)

今回はドバイで泊まったホテルで印象的だったパークハイアットドバイに関してちょっと詳しく書いてみようと思います。

 

パークハイアットドバイについて。

f:id:sio-chan:20180108063242j:plain

ホテルランクは5つ星。ドバイ国内空港にほど近いエリアにあり、まるでドバイにいることを忘れてしまいそうな自然の中に佇んでいるホテルでした。

ゴルフ場とヨットハーバー以外は本当に周りに何もありません。

模型を見てもらうと分かりますが、敷地も非常に広い。

f:id:sio-chan:20180108063317j:plain

金銀で装飾されていたり、巨大なシャンデリアがお出迎えするような豪華絢爛なホテルではありません。

なんと表現するのが適切なのかわかりませんが、パークハイアットドバイのホームページの言葉を借りれば「気品溢れる田園詩風の空間」がうまく一言でこのホテルの良さを表現していると思います。

 

まさに現実逃避。ホテルの中を一部紹介します。

ロビー。

f:id:sio-chan:20180108065111j:plain

f:id:sio-chan:20180108065129j:plain

f:id:sio-chan:20180108065115j:plain

ラウンジ周辺。

f:id:sio-chan:20180108065901j:plain

f:id:sio-chan:20180108065604j:plain

f:id:sio-chan:20180108065751j:plain

f:id:sio-chan:20180108065755j:plain

屋外

f:id:sio-chan:20180108070243j:plain

f:id:sio-chan:20180108070255j:plain

f:id:sio-chan:20180108070303j:plain

f:id:sio-chan:20180108070309j:plain

f:id:sio-chan:20180108070315j:plain

f:id:sio-chan:20180108070438j:plain

f:id:sio-chan:20180108070447j:plain

スパ

f:id:sio-chan:20180108070035j:plain

f:id:sio-chan:20180108070219j:plain

今回泊まった部屋

f:id:sio-chan:20180108080218j:plain

f:id:sio-chan:20180108080224j:plain

f:id:sio-chan:20180108080227j:plain

f:id:sio-chan:20180108080244j:plain

 

今回泊まって気がついた良かった点とちょっと気になった所。

良かった点

①何と言っても私たちが今までの人生で泊まってきたホテルの中で一番贅沢な経験ができたと思わせてくれたホテルだったところが非常に満足しているポイントです。

②朝食が非常に豪華で美味しかった。

私たちはホテルの朝食が大好きです。そのホテルに泊まる理由になり得るほど重要視している要素の一つです。

朝食はカフェアラベスクというレストランで食べられるのですが、レストランの内装が非常に凝っていて異国情緒溢れる雰囲気の中ゆったりと朝食を楽しむことができました。

f:id:sio-chan:20180108071112j:plain

f:id:sio-chan:20180108071125j:plain

f:id:sio-chan:20180108071133j:plain

f:id:sio-chan:20180108071546j:plain

オムレツを作ってもらいました。とても美味しかった。。

f:id:sio-chan:20180108071559j:plain

f:id:sio-chan:20180108071552j:plain

f:id:sio-chan:20180108071620j:plain

f:id:sio-chan:20180108071645j:plain

何が一番良かったかというと屋外での朝食です。

こんなに清々しい朝食は今までなかったと言えるほど贅沢な朝食でした。

f:id:sio-chan:20180108072204j:plain

f:id:sio-chan:20180108072237j:plain

朝食のビュッフェのペストリーがとても豊富で美味しい(旦那は朝食に甘いものを食べる習慣があるので大喜び)。

f:id:sio-chan:20180108072248j:plain

③施設内が広く非常に静かで眺め良し

敷地がとても広いのでホテル内の散策や庭の散歩なども出来ます。また、今回は利用しませんでしたが、ホテルにはプールやスパはもちろんのこと、ゴルフ場が併設されているのでホテルに滞在するだけでも様々な体験が出来、ゆっくりと余暇を過ごす事ができそうです。

敷地内を歩いているとブルジュカリファが見えました。35mm単焦点レンズで撮ってもこのくらいのサイズで写ります。

f:id:sio-chan:20180108073520j:plain

部屋のベランダから(夕方)。左側に見えるのがブルジュカリファ。

f:id:sio-chan:20180108073425j:plain

夜もまた綺麗です。

f:id:sio-chan:20180108073844j:plain
④想定外のサービス

部屋に着いて30分くらいすると部屋をノックする音が聞こえ、フレッシュフルーツ(マスカット・洋梨・プラム)を持ってきてくれました。とっさに「注文してませんが。。」と言ってしまいましたが無料です。(2日目以降は頼まないと持ってきてくれない)。

f:id:sio-chan:20180108074044j:plain

そして子供がいるので水のペットボトルを余分にもらえないかとお願いするとすぐ係員の方が来てくださって水を6本ほど無料で追加してくれました。
その後子供がはしゃぎすぎて部屋のグラスを割ってしまった際掃除を依頼したらすぐ来てくれて掃除も対応もきめ細やかにしてくださいました。電話でお願いした際にも全く問題ないよ、と気さくな対応でした。

⑤ホテル内のタイ料理レストランが非常に美味しく、店員さんの対応も抜群だった。

これも嬉しい誤算だったのですが、ふと入ってみたホテル内のタイ料理屋が本当に美味しかったです。私たちは人生でそこまでタイ料理を食べてこなかったのでどんなものが出てくるか不安でしたが、注文したもの全て美味しかったです。

店員さんも非常に気さくで子供を色々と気遣ってくださったり、世間話をしてくれたり楽しい時間を提供しようというホスピタリティーを感じました。

f:id:sio-chan:20180108075001j:plain

f:id:sio-chan:20180108075014j:plain

f:id:sio-chan:20180108075021j:plain

こちらも屋外。とても気持ちよかったです。

f:id:sio-chan:20180108075031j:plain
⑥ルームサービスが24時間利用できる(今回は利用してません)。
⑦ロビー近くにあるショップのケーキが美味しい。

小さいサイズのケーキは1個35AED、ミニエクレアは1個7AED、マカロンは1個5AED。ホールケーキは140AED(フルーツケーキは100か110AEDだったと思う)。店員さんが非常に気さくで対応も抜群だった。

(朝にしか写真を撮らなかったのでパンがメインですが、夜になるとケーキに変わります。写真がなくて申し訳ありません)

f:id:sio-chan:20180108075602j:plain

f:id:sio-chan:20180108075611j:plain

店内でも食べられるようですが部屋に持って帰って食べることもできます。

f:id:sio-chan:20180108075626j:plain

⑧アメニティーが、エトロ

これは良かった点なのかわかりませんが、非常に上質な香りがしました。

f:id:sio-chan:20180108080042j:plain

f:id:sio-chan:20180108080139j:plain
⑨バー以外は基本的に子供を連れて食事ができる。
ドレスコードが基本的にないようで、タイ料理はカジュアルな格好で大丈夫でした。その他のレストランは夜には訪れていないのでわかりませんがおそらく大丈夫かと思われます。(それでも短パンにビーサン、みたいな格好の人は見かけませんでしたが;)

  

気になったところ

基本的には全て大満足でした。ただあえて挙げるとすればこれらかなと。。

・チェックイン時にエントランスのところで荷物を預かってくれるが、ホテルの入り口付近に放置される感じになっていて若干不安だった(海外のホテルは普通なのか?)。
・部屋がロビーから遠い。おそらくスイート等なら近いのかもしれません。
・部屋に荷物が運ばれてくるまでにそこそこ待った。
・人気なホテルだけあって朝9時頃にはレストランがかなり混み合ってしまい落ち着かない(ですので2日目は早起きしました)。

 

アブダビ・ドバイ旅行3日目に続く


◇過去の記事

 

 

 

 

世界一美しいスタバはドバイにある(アブダビ・ドバイ旅行2日目)

UAE旅行 ドバイ1日目です。

アブダビのアルワダバスステーション(Al Wahda bus stationもしくはAbu dhabi central bus station)からドバイ行きの高速バスが出ています。

f:id:sio-chan:20180112065052j:plain

*このバス停の周りでうろついていて「どこ行くの?ドバイ?」みたいに声をかけてくる人たちはもちろん白タクですので無視してください。

 

アルワダバスステーション

バス停内

f:id:sio-chan:20180112065556j:plain

バス停にある売店

f:id:sio-chan:20180112065601j:plain

バスステーションのカウンターにてチケットを購入します。行き先によってカウンターが違うようなので並ぶ時にはカウンターの上のボードを確認します。

f:id:sio-chan:20180112065641j:plain

25AED/人(私たちは現金で支払いました)。

 

ドバイ行きのバス乗り場へ向かいます。

バス乗り場は2箇所ほどありますのでDubaiと書かれているほうに向かいましょう。下の写真が正しい出口(バス乗り場) Departure platform②です。

f:id:sio-chan:20180112065820j:plain

 

バスの中の無料Wi-fiは、、、

バスの座席はフカフカとしたシートで、フットレストなどもありました。

f:id:sio-chan:20180112070139j:plain

f:id:sio-chan:20180112070142j:plain

チケットはこんな感じ(半券)。

f:id:sio-chan:20180112070202j:plain

スピードはタクシーと比べてしまうと結構速度が遅く感じてしまいました(推定70−80km/時)。

バスの中にWi-fi使用可という案内がありましたが中東エリアの電話番号を所有していないと使えないようです。

 

この日私たちはイブンバットゥータモールというバス停で下車。

このバス停までは1時間半程。息子も出発と同時に寝てくれたのでバス移動も楽でした。

 

イブンバットゥータモール

イブンバットゥータのバス停からモールの入り口は目と鼻の先。

f:id:sio-chan:20180112070549j:plain

f:id:sio-chan:20180112070711j:plain

このモールはエジプトコート、ペルシャコート、アンダルシアコート、チュニジアコートの4つのコートがあります。

私たちがこのモールに立ち寄ったのは “世界一美しいスタバ” を見る為でした。モール内にはスタバが2件入っていましたが、世界一美しいとされるスタバはペルシャコートにあります。

 

バス停から一番近いエリアがそのペルシャコートです。

f:id:sio-chan:20180112070758j:plain

 

世界一美しいスタバ

到着!

f:id:sio-chan:20180112071215j:plain

f:id:sio-chan:20180112071946j:plain

f:id:sio-chan:20180112071952j:plain

美しく、なんともアラブっぽい感じの豪華な天井。

 

家族で訪れた記念にDubaiマグを購入。(このマグはドバイのどの店舗でも購入できます)

f:id:sio-chan:20180112072011j:plain

 

モール内の写真

f:id:sio-chan:20180112214938j:plain

f:id:sio-chan:20180112214944j:plain

 

日本のダイソーがドバイに!?

 モールをふらふらと見て回っているとDAISO発見!こちらはアンダルシアコートにあります。

f:id:sio-chan:20180112214950j:plain

f:id:sio-chan:20180112214747j:plain

ダイソーに行くことが私のUAE旅行の目的のひとつでした(笑)

久しぶりのダイソーにテンションが上がってしまいました♪

f:id:sio-chan:20180112214820j:plain

店舗はそれなりに広く、日本で売ってるものをそのまま売っています。値段は基本的に7AED(1,5€程度)なので日本と同じ100円でとはいかないようですね。

そして商品が日本語表記だけど、他の国の人たちは理解出来るのかな…?

f:id:sio-chan:20180112214845j:plain

f:id:sio-chan:20180112214849j:plain

ここではオランダで探しても見つけられずにいた、お風呂の排水溝シートを購入しました。オランダの(我が家の) シャワールームの排水溝には日本のような網の受け皿?が無くて流れてはつまり、強力な洗剤で溶かすを繰り返していたのでとても助かります(笑)

 

色々と見回って、夕方ちかくになっていました。お昼ご飯を食べていなかった事を思い出し、フードコートにてご当地マックのマックアラビアを食べてみました。

ラップサンドみたいな感じで美味しかったです。

f:id:sio-chan:20180112215053j:plain

f:id:sio-chan:20180112215058j:plain

f:id:sio-chan:20180112215100j:plain

 

このモール、私たちが探し出せなかっただけかもですが、目立つ案内板がなく、紙の案内もなかなかの見にくく、色々なお店を探すのが難しかったです。

 

この日、モール内のカフルールにて買い物をしたかったのですが、大きな荷物を持っていた為に入店を拒否されてしまいました。またスーパーのレジでは店員さんまたは袋詰める係の人が買った商品を袋に詰めてくれます。他の店舗でもそうでした。万引き防止の為、なのでしょうか。理由はわかりませんでした。

 

メトロを利用する際の注意点!

モールを後にしてホテルに向かいます。

イブンバットゥータ駅から市内までメトロにて移動。

f:id:sio-chan:20180112215124j:plain


片道一人10.5AED。各駅間の走行時間は2分弱なのに対して各駅に停まっている時間は約10分。何かがおかしいと思っていたらどうやらこの日システムエラーが起きていたとのこと。この遅延によって駅のホームと電車内は大混乱!特に降りる人が先という秩序が全くなく、取り敢えず人を潰してでも乗り込んでくるという感じで怖い目に遭いました…。

17:00にイブンバットゥータ駅を出発して目的地Deira city centreに着いたのが19時過ぎでした。私達家族はベビーカーと大きなキャリーケースも持っていたのでもう地獄絵図です。。たまたま私と息子は乗車時に親切なお兄さんが席を譲ってくれ座ることができていたので押しつぶされることはありませんでしたが、もし座れていなかったら…と思うと本当に怖いです。
ただ基本的に、欧州同様子連れに優しい国だったので近くに乗っていた現地の方々が赤ちゃんがいるんだから無理やり乗ってくるな!などと周りに注意してくれたりと終始配慮してもらえてとても有難かったです。

日本のように電車遅延によって他の路線を利用するという代替手段がないためこの地下鉄を利用せざるを得ないのだと思いますが、残念ながら不測の事態には全く対応できない交通手段なので小さいお子さん連れにはあまりおすすめ出来ないかなと感じました。

観光客の利用者も見た感じ少なかったです。

もちろん、何の問題も無ければ大丈夫かとは思います。

 

 目的地のDeira city center駅に着く頃にはもうクタクタ…

しかしまだここからホテルまで移動。

この日の宿泊先はパークハイアットドバイです。

タクシーを捕まえてサッと向かおうと思い駅を出ましたが、タクシープールがありません;;

付近を彷徨い、結局路上でタクシー拾う必要ありましたがかなりの人がタクシーを待っているため非常に困難、そして止まってれなかったりもします。私たちは途方に暮れながら近くにいたサラリーマンにどこでタクシーが拾えるのかと質問しながらやっと拾えました。走っているタクシーの数はとても多いのですが、運やタイミングが悪いとタクシーを拾えず○時間なんてこともあり得ると感じたほどです。
(ホテルに戻ってから気がついたのですが、ドバイにもUberが存在していたので最悪それでもよかったのかなと、、。まぁインターネットが使えなかったのでどのみちダメだったかもしれないのですが。ただUberXは走っていない様です)。

 

 やっと到着です、、パークハイアットドバイ!

 

◆旅行3日目以降

 

◇過去の記事