Just Add Salt,

Just Add Salt,

仕事を辞めてアムステルダムに住んで3年経ちました。欧州での暮らし・旅行のブログを書いてます。過去の旅行記事等を順不同で更新しますので時系列がばらばらなっているところもありますがご了承ください。たまに夫も記事を書いたりしています。

2017年ドイツアーヘンのクリスマスマーケット

昨日、ドライブがてらクリスマスマーケットに行ってきました。

行き先はドイツのアーヘンとオランダのファルケンブルグ。

ドイツは言え、アーヘンはオランダとドイツの国境付近にあるのでアムステルダムから車で2時間程で行くことが出来ます。

f:id:sio-chan:20171210200409j:plain

 当日の気温は1℃。。手袋を忘れたことを深く後悔。。。

 

午前中に家を出てお昼頃には到着。

DOMという立体駐車場があり、クリスマスマーケット会場からもすぐ近くなので、アーヘンのクリスマスマーケットに車で行く際にはこちらの駐車場をおすすめします。

※時期的に混んでいるので駐車スペースを見つける為に駐車場内をぐるぐると何周かしないといけない可能性もあります…。(経験者談)

ドイツは駐車料金が安いのでしょうか、2時間で€4でした。

 

 

さて、車も駐めたのでいよいよクリスマスマーケットに足を運びます。

やっぱりクリスマスマーケットというのはいいですね〜

思っていたよりも大きな規模で、たくさんの人で賑わっていました。

ベビーカーで会場に行ったのですが、人が多かったのもあって進むのが結構大変でした。抱っこ紐で来た方が良かったかな、と。

お子さん連れの方、ベビーカーでも問題はありませんが、サクサクと見て回りたい、お店やものを近くで色々見たいという方は抱っこ紐をお勧めします。

 

駐在で住んでおられるであろう家族連れや日本からツアーでいらしている方など、日本の方も多くお見かけしました。

 

さっそくお目当てのマグカップを求めて。

今年のアーヘンは長靴の形をしたマグカップでした。可愛い。

いつもならグリューワインを飲んでいるところですが、今回は車で来たということもありグリューワインは諦めてマグカップだけを購入しました。

€3/個

f:id:sio-chan:20171210200759j:plain

赤と白を買って帰って来たのですが、帰って来たら赤色のマグにヒビが入っていました…今月で一番悲しかったです。

f:id:sio-chan:20171210200645j:plain

MunsterplatzのHEXENHOFというお店で売っていました。

 

この日、じゃがいもを平たく形成して揚げたようなもの?を食べている人を多く見かけて私も食べてみたかったのですが、結構なボリュームだったのと、揚げ物なので油で胸焼けしてしまうと帰り道がつらそうだったので諦めました…。

帰ってから調べてみるとReibekuchen(ライプクーヘン)といって、擦りおろしたじゃがいもを油で揚げて、りんごのソースをつけて食べるもののようです。

確かにみなさん薄黄色っぽいソースを付けて食べていました。

いつかリベンジ出来ればいいなと思います。

 

私達は、安定のカリーヴルスト!

f:id:sio-chan:20171210200503j:plain

先日家でも作って食べれる〜と書きましたが、せっかくドイツに来たので食べました。

うーん、美味しい!やっぱり家で作るものとは少し違います。

寒空の下で熱々のカリーヴルスト、キラキラとしたクリスマスマーケットの雰囲気、きっとこれらも美味しさを増大させているのかもしれませんね。

私達はKatschhofという広場のArdennen-grillというお店で買いましたが他にも色々なお店で売っていました。

f:id:sio-chan:20171210201058j:plain

こちらはMunsterplatzにあるカリーヴルスト屋さん。屋根にソーセージが置いてあるのでわかりやすい。

f:id:sio-chan:20171210201026j:plain

f:id:sio-chan:20171210201245j:plain



Marktplatzのように行くと大きなプリンテンがどーん!!

f:id:sio-chan:20171210201429j:plain

f:id:sio-chan:20171210202022j:plain

もしかしたらこちら側がメインのエントランスだったのかも…私達はちょうど反対側から会場に入ってきたのでこのゲートは一番最後に見ました(笑)

プリンテンとはスパイスとはちみつをふんだんに使った、アーヘンを代表する名物焼き菓子らしく、プリンテンのお店も多く見かけました。

 

会場内には特設のステージも設けられており、ライブが行われているようです。

私達が訪れた時間には残念ながら何もやっていませんでした。

クリスマスマーケットのパンフレットによると、ほぼ毎日夜にライブがあるようです。

日によってスタート時間が17:00〜だったり、19:00〜だったりするようです。また内容もビッグバンドだったりアカペラだったりと毎日行っても飽きなさそうです。

 

f:id:sio-chan:20171210200409j:plain

f:id:sio-chan:20171210201641j:plain

f:id:sio-chan:20171210201645j:plain

f:id:sio-chan:20171210201655j:plain

f:id:sio-chan:20171210201651j:plain

f:id:sio-chan:20171210201647j:plain

f:id:sio-chan:20171210201749j:plain

f:id:sio-chan:20171210201753j:plain


 アーヘンのクリスマスマーケットは2017年も12月23日(土)まで催されています。

オランダのアムステルダムやアムステルフェーンにお住まいの方も車で2時間もあれば行くことができますし、クリスマスまでの週末も残りわずかですが足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

この後私たちはオランダのマーストリヒトの近くのValkenburgという街のクリスマスマーケットに向かったのですが、想定していなかった事態発生。。

詳しくは以下の記事ご覧ください。
sio-chan.hatenablog.com

 ◆過去の記事:

sio-chan.hatenablog.com

sio-chan.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年オランダファルケンブルグ世界最大の洞窟クリスマスマーケットで想定外の大行列…

昨日、ドイツのアーヘンのクリスマスマーケットに行った帰り道、オランダのファルケンブルクにある洞窟のクリスマスマーケットに立ち寄ってみました。

f:id:sio-chan:20171210223509j:plain

アーヘンからは車で30分程!近い!!

洞窟のクリスマスマーケットはこのあたりです。 

 

ファルケンブルクに着いたのが16:00頃。

駐車場はここに停めました。

駐車場の出口の近くにパーキングチケットを購入する機械があります。機械はオランダ語のみでしたが、カードを入れて駐めておきたい時間になるように+ボタンを押していって最後にチェックマークを押すだけのシンプルなものでした。現金は使えないようでした。 

ここで購入したチケットは必ず車のボンネットに置く必要がありますのでご注意ください。

 

駐車場からは人の流れにそって歩くとValkenburgの中央までたどり着きます。

f:id:sio-chan:20171210221728j:plain

この入り口のちょうど左側に細い階段があります。

もうちょっと大々的に案内板があってもよさそうなものですが、、とにかくこの階段を上って行くのが近道です。

f:id:sio-chan:20171210221848j:plain

 

洞窟の入り口まで来たところで私たちが想定していなかった事態が発生しました。

マーケット会場に向かっていくと、なにやら大行列が…

 

f:id:sio-chan:20171210221556j:plain

f:id:sio-chan:20171210221604j:plain

f:id:sio-chan:20171210221613j:plain

これ、クリスマスマーケット会場に入る為に並んでいる人でした……

私達は自分達の目を疑いました。クリスマスマーケットに入るために並ぶだと…?

先頭がどこか全然見えない…

 

最後尾まで歩いて行き並び始める。

f:id:sio-chan:20171210222637j:plain

結局並び始めてから洞窟に入るまで1時間。ひたすら寒さに耐えました。

正直、こんなに待たないといけないほど大勢の人がいるとは思ってもいませんでした…(失礼w)

Valkenburgのクリスマスマーケットにいらっしゃる方は並ぶのを覚悟でいらしてください。(後日夫がここに行ったことのあるオランダ人に聞いてみたところその頃は10分程度しか並んでいないと言っていたようです。。時間帯が遅かったからかな。。)

 

途中、白く仮装したお姉さんがクッキーを配りに来てくれました。

寒くて写真どころではなかったので写真が無くてすみません。

 

やっと入り口付近まで来た…。

f:id:sio-chan:20171210223247j:plain

 

 洞窟に入る手前にチケットブースがあります。

f:id:sio-chan:20171210223328j:plain

大人 €7/人(マーケットに入るために金がかかるだと…?)

息子は1歳なので入場無料でした。

並んでいる人で既にチケットを持っている人や紙に印刷している人もいたので、もしかしたらチケットブースで買わなくても事前に購入可なのかもしれません。

※並ぶ時間はほぼ変わりません

f:id:sio-chan:20171210223356j:plain

 

中はと言うと…

f:id:sio-chan:20171210223428j:plain

f:id:sio-chan:20171210223449j:plain

f:id:sio-chan:20171210223509j:plain

f:id:sio-chan:20171210223530j:plain

f:id:sio-chan:20171210223550j:plain

f:id:sio-chan:20171210223556j:plain

f:id:sio-chan:20171210223611j:plain

f:id:sio-chan:20171210223619j:plain

f:id:sio-chan:20171210223636j:plain

f:id:sio-chan:20171210223721j:plain

こんな感じ。

所謂クリスマスマーケットの感じではなく、フリーマーケット的な。

売っているものもクリスマス商品から日用品、香水や海外の商品と様々でした。

終盤でカフェみたいなスペースもありました。

 特に欲しいものも無かったのでサクッと見て、洞窟を後にしました。

 正直に言えば1時間も待って、€7払ったのでもっとおもしろい!待って良かった!!となれば最高だったなぁと思ってしまいました。。。

 

でも、オランダに住んでいなかったら行くことはなかったと思うので、住んでいた記念にという意味では行って良かったかな、と思いました。

 

ここでもマグカップは売っていましたが、あまり好みの感じではなかったので買わずに家に帰ってきました。

もう少し時間があればマーストリヒトのクリスマスマーケットも行ってみたかったなぁ。このファンケンブルグもアムステルダムから車で2時間程と近いので日帰りで行けます。

前の記事のドイツのアーヘンからも車で30分程なので2箇所を1日で回ることも可能です!!

ヨーロッパに住んでいると色々なところでクリスマスマーケットが催されているのでそれを回るのも冬の楽しみのひとつですね。

 

クリスマスまでもう日がありませんが、もうひとつくらい行けたらなあと密かに思っています。。

 

◆過去の記事:

sio-chan.hatenablog.com

sio-chan.hatenablog.com

sio-chan.hatenablog.com

 

 

 

 

クリスマスマーケットの定番カリーヴルストは簡単に作れる!

なんだか本格的に寒くなって来ました…朝暗い、毎日雨、日が落ちるのも早い、、オランダの冬ですね。

 

私達夫婦はカリーヴルストが好きだとこの間も書きましたが、オランダでは食べる機会が無く、今年はまだドイツに行く予定も立てていなかったので、食べれずじまいでした。

 

が!どうしても食べたくなったので作ってみる事に。

 

アルバートハインでパキッとジューシーに焼けそうなソーセージを買ってみました。(初めてこの形の物を買いました)

f:id:sio-chan:20171205040439j:image

 

とりあえず、オーブントースターでじっくりと焼いてみることに。

f:id:sio-chan:20171205040528j:image

ぎりぎり入る大きさでした。

 

焼き終わったら適当な大きさにカットしてハインツのカレーケチャップをかけて、最後にカレー粉を上にまぶす。

 

出来ました!

f:id:sio-chan:20171205040837j:imagef:id:sio-chan:20171205040916j:image

 

美味しい〜!!

カリーヴルスト、ドイツで食べるものとばかり思ってたけど、普通に家で食べれそうです。

 

…とは言え、息子を本場のクリスマスマーケットに連れて行ってあげたいのでクリスマスまでの週末でドイツに行きたいものです!!

 

 

 

ボンとケルンのクリスマスマーケットに行く前にベートーヴェン宅で月光の楽譜を購入して来た。

ドイツ クリスマスマーケット巡り2日目、この日は朝からベートーベンが生まれたとされる家を訪れました。

 

 ベートーヴェンハウス

f:id:sio-chan:20171112181434j:plain

f:id:sio-chan:20171112181440j:plain

f:id:sio-chan:20171112181445j:plain

f:id:sio-chan:20171112181449j:plain

f:id:sio-chan:20171112181456j:plain

f:id:sio-chan:20171112181504j:plain

f:id:sio-chan:20171112181507j:plain

f:id:sio-chan:20171112181518j:plain

 

ここにはお土産が買えるショップも入っています。

私は記念に月光の第二と第三楽章の楽譜を購入しました。

 

買った時はオランダに帰って練習するつもりでしたが、買った事に満足してしまった感は否めません。練習しないまま月日は流れ…今では家の本棚にそっとしまわれております。

 

f:id:sio-chan:20171112181805j:plain

朝ごはんを街中のパン屋さんで購入。

人の形をしたパンが可愛かったです。

 

 

ボンのクリスマスマーケット

f:id:sio-chan:20171112181542j:plain

f:id:sio-chan:20171112181550j:plain

f:id:sio-chan:20171112181554j:plain

f:id:sio-chan:20171112181602j:plain

f:id:sio-chan:20171112181609j:plain

f:id:sio-chan:20171112181620j:plain

f:id:sio-chan:20171112181623j:plain

何に使うか分かりませんが、ブリキの飾りも売っていました。

f:id:sio-chan:20171112181634j:plain

f:id:sio-chan:20171112181727j:plain

f:id:sio-chan:20171112181641j:plain

f:id:sio-chan:20171112181648j:plain

f:id:sio-chan:20171112181655j:plain

f:id:sio-chan:20171112181658j:plain

またまたカリーヴルストを食べる私達。

f:id:sio-chan:20171112181708j:plain

f:id:sio-chan:20171112181714j:plain

そして、巨大なタラのフライも食べました。確か€5。

オランダでもキベリングというタラのフライは食べたことがありましたが、こんなに1つが大きいものは初めて食べました。

 

…もうすごい油!!油を食べているかのような、口もテッカテカに(笑)

結局衣を外して中のお魚だけ食べましたが、それでも食べきれませんでした。

f:id:sio-chan:20171112181722j:plain

明るい時間帯に行くクリスマスマーケットもまた夜とは違った雰囲気でいいものですね。

 

f:id:sio-chan:20171112181737j:plain

そしてドイツと言えば忘れてならないHARIBOʕ•ᴥ•ʔ!

ボンにはハリボーショップがあります!

しかし、私達が行った日は日曜日の為休業…。

仕方ないので店のガラス越しに色々なハリボーが並んでいるのを眺めて帰って来ました…。

 

 

ボンからオランダに帰る途中、ケルンのクリスマスマーケットにも寄ってみることに。

 

ケルン大聖堂の近くの駐車場に車を駐めて向かいました。

駐車場の屋上からは一度地獄を通っていかないとクリスマスマーケットにはたどり着きません(あ、実際には特に何もありません。階段だけですのでご安心を)。

f:id:sio-chan:20171112182110j:plain

 

ケルン!

f:id:sio-chan:20171112182119j:plain

やはり売ってますね。グリューワイン。

ケルンのグラスは3種類ありました。

f:id:sio-chan:20171112182123j:plain

グラスだけでも買えるようで、1つ€2.5と書いてありました。

f:id:sio-chan:20171112182130j:plain

f:id:sio-chan:20171112182136j:plain

f:id:sio-chan:20171112182140j:plain

 

f:id:sio-chan:20171113073529j:plain

パッヘルベルのカノンを奏でる3人。さすがはドイツ。

f:id:sio-chan:20171112182147j:plain

そして日本の屋台ではお馴染みの、りんご飴が売っていました。

日本みたいに赤い飴がけのものだけでなく、チョコがけのものもありました。

りんご飴って日本の食べ物だと勝手に思っていたのですが、もともと海外から入ってきたものだったのでしょうか…真相は分かりません。。

 

この後ケルンのクリスマスマーケットを後にし、オランダに戻って来ました。

3箇所のクリスマスマーケットと観光をして来ましたが、1泊2日で十分に楽しめました。

今回紹介したところはオランダから近く、車でサッと行ける場所なので週末などを使って行かれてみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。

 

◆クリスマスマーケット巡り前編。デュッセルドルフのクリスマスマーケットの白グリューワイン。

sio-chan.hatenablog.com

 

 

 

 

デュッセルドルフのクリスマスマーケットで白グリューワイン飲んで来た。

2015年の冬、デュッセルドルフのクリスマスマーケットに行ってきました。

お昼過ぎに着いたので、クリスマスマーケットの前に腹ごしらえ。

 

 

ラーメン 初代匠

f:id:sio-chan:20171112180444j:plain

f:id:sio-chan:20171112180452j:plain

f:id:sio-chan:20171112180450j:plain

f:id:sio-chan:20171112180457j:plain

このラーメン屋はドイツで有名な札幌ラーメンのお店です。

写真でも分かりますが、30分ほど並びました。

お店のHPによると麺は札幌より直送とのこと。

2年も前のことなので何味のラーメンを食べたかは忘れてしまいましたが、普通に美味しかったです。

 

私は並ぶのを夫に任せ、近くにあるベーカリータカという日本人の方が営んでいるパン屋に行ってパンを購入してきました(笑)

ヨーロッパに住んでいると日本のパンが恋しい。メロンパンやあんぱんなど、日本のパンってふわふわとしていて美味しいなと思いますよね。

この日、ベーカリータカさんではメロンパンとあんドーナツを購入しました。(写真がなくてすみません)

とても美味しかったです。

 

Restaurant KAKUMI

Immermanstrasse 28, 40210, Dusseldorf 

 

 

腹ごしらえが終わったところでクリスマスマーケットに向かいました。

f:id:sio-chan:20171112180633j:plain

f:id:sio-chan:20171112180637j:plain

 

目当てのグリューワイン

f:id:sio-chan:20171112180704j:plain

f:id:sio-chan:20171112180734j:plain

 だいたいどのお店もカップ付きで€5-6ほど。

お店によってカップの形や色も様々で、その年や地名が入っていて可愛いので、カップを集めたくてついつい頑張って飲みすぎてしまいます。

カップは返却することも出来、その場合お金がいくらか戻ってきます。

一人で行ったとしたら大変ですね。

でもお店によってはワインだけでなく、ホットチョコレートを売っていたりもするので、お酒が飲めない方やお子さんでも楽しめます。

というより、カップだけでも買えます(笑)

そしてこのお店は赤グリューワインでした。

 

f:id:sio-chan:20171112180807j:plain

なぜかおでんのちょうちんがぶら下がっていました…

 

可愛いオーナメントやお菓子、雑貨などのお店がたくさん。

f:id:sio-chan:20171112180813j:plain

f:id:sio-chan:20171112180819j:plain

f:id:sio-chan:20171112180822j:plain

f:id:sio-chan:20171112180829j:plain

 

カリーヴルスト

f:id:sio-chan:20171112180947j:plain

ドイツ言えばソーセージ。

その中でも私たち夫婦はカリーヴルストが好きで、ドイツに来たら必ずといっていいほど食べます。

やっぱりいつ食べても美味しい。

 

 

そして目当てのデゥッセルドルフ名物白ワインのグリューワイン

なかなか他のクリスマスマーケットでは白ワインのグリューワインは見かけません。

グラスも他の所と違って細長い。。。

f:id:sio-chan:20171112181012j:plain

白と赤が選べます。

f:id:sio-chan:20171113071200j:plain
f:id:sio-chan:20171113071218j:plain

 

この白グリューワインを買った場所はアップルストアの広場です。

f:id:sio-chan:20171112181100j:plain

f:id:sio-chan:20171112181107j:plain

念のため地図を貼っておきます。 

f:id:sio-chan:20171113072051j:plain

写真を見て頂くとわかりますが、夜になると一気に人が増えます。前に進むのも一苦労。。

 

f:id:sio-chan:20171112181232j:plain

f:id:sio-chan:20171113072209j:plain

f:id:sio-chan:20171113072220j:plain

f:id:sio-chan:20171113072223j:plain

でも夜のクリスマスマーケットは雰囲気がとても素敵です。

Marktplatzにあった大きなツリーもライトアップされており、とても綺麗でした。

f:id:sio-chan:20171113071515j:plain

f:id:sio-chan:20171113072303j:plain

 

昨年の冬は出産の為に日本に戻っていて行けなっかったので、今年は息子も連れて行ってあげようと思います。

 

◆クリスマスマーケット巡り後半ボン・ケルンのクリスマスマーケット。その前にベートーヴェンの家を見学してきた話。

sio-chan.hatenablog.com

 

温室の中のレストラン”Restaurant De Kas”(レストラン・デ・カス)に行って来た。

アムステルダムのレストラン”Restaurant De Kas”(レストラン・デ・カス)に行って来ました。

f:id:sio-chan:20170720063923j:plain

レストランの名前はオランダ語ですが、日本語で「温室」という意味だそうです。

そしてこのレストラン、自分達で野菜や果物を栽培してそれをレストランで使っているそうです。

自給自足のコンセプトでエコな欧州人には流行りそう。

 

ちょうど妻の誕生日に連れて行こうと思っていたレストラン。

念のため予約することにしました。公式ホームページで簡単にオンライン予約ができます(英語がつらつら書いてある感じというよりはwhat time? number of people?みたいに易しいクリック式の予約形式)。

 

WestwijkやAmstelveenにお住まいの方はトラム5番から地下鉄51番に乗り換えてAmsterdam, Amstel stationで降りて歩く、もしくはAmsterdam Zuidから65番のバスに乗ってMaxwellstraatで下車して歩く(こちらのほうが歩く距離が短い)。

観光でいらっしゃる方はアムステルダム中央駅からMの目印の地下鉄51番に乗ってAmsterdam, Amstel stationにて下車。そこから歩く。

このAmsterdam,Amstel station、二つの駅名ではなくこれで一つの駅名です。二つの地名が入っているから混乱しそうなものですが、日本で言うところの「白金高輪駅」とか「練馬高野台駅」みたいな感じでしょうか。

 

外観はこんな感じ

公園の中にあり池に囲まれています。

f:id:sio-chan:20170720060635j:plain

f:id:sio-chan:20170720060549j:plain

 

ディナーメニューは基本的に1種類で€52.50。(スペシャルメニューはワイン込みで€130/人)

決して安くはありませんが、こういった雰囲気の良いレストラン、雰囲気代も含まれているのでしょう。

 

店内はこんな感じ

f:id:sio-chan:20170720061057j:plain

f:id:sio-chan:20170720061103j:plain

f:id:sio-chan:20170720061110j:plain

f:id:sio-chan:20170720061114j:plain

まさに「温室の中」といった感じ。

そこそこお高いレストランなので身構えていたら店内は意外と賑やかで、店員さんも畏まった感じではなく普通のカフェと同じようにフレンドリーに話しかけてくれました。

 

さてこの日のメニュー内容(時期によって違う)は、

お通しが巨大オリーブとビーツのピクルス。

わかりにくいですが、写真に写っている深緑の物体がオリーブの実。普通はアーモンドチョコレートくらいのサイズなのに比べはるかにでかい!小さいはまぐりくらいの大きさ。

f:id:sio-chan:20170720061816j:plain

 

そして前菜の野菜スープ

f:id:sio-chan:20170720062429j:plain

 

その後は野菜のオイスターソース炒めと大好物の生牡蠣

f:id:sio-chan:20170720062458j:plain

f:id:sio-chan:20170720062549j:plain

 

そしてメインは牛肉!(野菜で完結するのかと思っていたので安心)

f:id:sio-chan:20170720062638j:plain

 

デザートにはHappy birthdayの文字をあしらったおしゃれプレートを準備してくれました。

予約する際にリクエストの所に誕生日用にデザートを準備してほしいと記入して事前に伝えておきました。

f:id:sio-chan:20170720062723j:plain

何歳になってもサプライズはちゃんと喜んでもらえるようです。

 

食事が終わってお茶を飲んだ後、帰り際に小さな温室があったので少し見学させてもらいました。

f:id:sio-chan:20170720063207j:plain

f:id:sio-chan:20170720063233j:plain

f:id:sio-chan:20170720063241j:plain

店員さん

f:id:sio-chan:20170720063326j:plain

 

値段はそこそこしますのでもちろん全ての料理はとても美味しかったです(妻の口癖は「高いならうまくて当たり前。安くて美味いことに意味がある」。確かにそうです)。

ただアトラクティブな店内の雰囲気と何が来るか楽しみになるメニュー構成、サービスの質を総括すると総合的に満足できるレストランだっただと思います。

 

是非何かの機会に行ってみてはいかがでしょうか。

以下のサイトからオンライン予約ができます。

www.restaurantdekas.nl


www.restaurantdekas.nl

オランダのおむつ比較2(2017年)

以前、息子をこちらに連れて来たばかりの頃にオランダで買えるおむつ(サイズ3限定)をいくつか比較した記事を書きましたが、先月からサイズ4を使ってみているので今回はサイズ4の比較になります。

以前サイズ3を使用した際に良いと感じたパンパースとkruidvatのPB商品の2種類についてです。

f:id:sio-chan:20171112173043j:plain

 

パンパース

厚手でふかふかしている

テープが剥がしやすい

サイズ3同様お知らせライン無し

 

おそらく吸水ポリマーが他者比で多いのか、kruidvatのものよりもふかふかとした印象を受けました。

12時間サラサラと書いてあるだけあって、夜まとまって寝るようになってくる月齢の子どもが使用していても安心かなと思います。

※しかしうちの息子にはサイズがやや大きかったのか?ちゃんと履けていなかったのか?朝、お腹のところで漏れていたことが二度ありました。

またテープについて、以前も書きましたが、パンパースの良い点はテープが剥がしやすいところ。相変わらずペリッとスムーズです。

お値段はやはり少し高めなので、ネットや安売りの時を利用して購入するのがいいです。

 

Kruidvat

パンパースに比べるとやや薄め

ふわふわ?柔らかめの肌触り

お知らせラインなし(サイズ3まではありましたが、サイズ4からは無くなっていました)

 

パンパースに比べると値段も安いですが、少しだけ薄い印象です。

でも肌触りは柔らかめなので良いです。

また、腰の部分の生地が伸縮性のある記事なのでしっかりお尻を包み込んでくれるような感じで、息子の場合はこちらの方がしっくりきます。

パンパースに比べると若干薄いと書きましたが、夜寝て朝起きるまで使用しても今のところ漏れていたことはありません。

こちらもともと安いですが、定期的にまとめ買いのセールもやっているようなので、絶対にこれ!と決めている方はそう言う時を利用するのがいいですね。

 

 

 

過去の記事

sio-chan.hatenablog.com