Just Add Salt,

Just Add Salt,

仕事を辞めてアムステルダムに住んで3年経ちました。欧州での暮らし・旅行のブログを書いてます。過去の旅行記事等を順不同で更新しますので時系列がばらばらなっているところもありますがご了承ください。たまに夫も記事を書いたりしています。

グスタフスベリまで結構迷ったので参考にしてほしい。(ストックホルム後編)

今日は旅のメインイベントでもある、食器。

スウェーデンを代表する食器メーカーのひとつ、グスタフスベリの工場直売所に出かけます。

行き方は簡単に書くとこんな感じ。

 

地下鉄の中央駅(ホテルの最寄り)→(地下鉄)→スルッセン(Slussen)→(バス)→Farstaviken停留所

簡単ですね。

しかしながら私達はそこそこ迷いました。

何故か。簡単に説明します。日本人に人気のグスタフスベリまでの移動で迷ったりしないよう私達のミスを参考にしてくれると幸いです。

では、どうぞ。

 

地下鉄の中央駅(T. Censtralen駅。Tマークが目印)から2駅、スルッセン(Slussen)駅へ。

*数日観光するなら、この時点で1日乗車券もしくはSUICA式のプリペイドカードを購入してください(何故か後ほど説明します)。ちなみに私たちはこの2駅の移動の為に2人で86SEK(1000円くらい)のチケットを買いました(指定のエリア内であれば1時間利用可)。

 

スルッセン駅からグスタフスベリ工場へ。

この駅でバスに乗り換えます。474番のバスに乗るということまで事前調査で明らかになっています。

しかしながら私たちは迷い、やっとバスを見つけたにも関わらず乗り込んだバスを降りる羽目になりました。

まずポイント1

*スルッセン駅で降りてバスに乗り換えるというもでバスに乗り換える必要があるのですが、降りてすぐにある案内板を見たら、こんな感じです。

f:id:sio-chan:20170427190903j:plain

f:id:sio-chan:20170427190928j:plain

逆方向にバスらしき表示があります。2択です。

ちなみに私たちは逆方向に行きました。改札を出るとそれなりのバスターミナルがあるので、間違っているかすらわかりませんでした。

この案内板の内容を後々調べてみたら、どちらもバスです。しかしながら郊外に向かうバスはBのマークが付いている方でした。

 

f:id:sio-chan:20170427191409j:plain

この電光掲示板のある側に着けば、正解です。

 

ポイント2

*私と息子はベビーカーの乗り口から乗り、旦那はチケットを買う為に運転手側の乗り口から乗りましたが、その数分後バスから降ろされました。

実はこのバス、バス内でチケットが買えずSUICA式のチケットしか受け付けないとのこと。またバス停から駅まで戻りカードを購入しました。

1日中電車・バスに乗るので中途半端なところで1日乗車券を2人分285SEK(3600円くらい)を購入する羽目になりました。

 

 

やっとチケットを買えたのでバスいん乗りグスタフスベリまで向かいました。

Gustavsbergという停留所がありますが、最寄りはFarstavikenです(地図を見ながら乗っていたので幸い気づいた)

 

GUSTAVSBERGS HAMNと書かれたゲートが目印。

f:id:sio-chan:20170427192258j:plain

 

グスタフスベリ、日本じゃ高くて手が出ないですからね、、、

工場直売所ということで、B級品もあるので多少お安くなってはいましたが、それでも決して安くはないお値段でした。

f:id:sio-chan:20170427192554j:plain

f:id:sio-chan:20170427192559j:plain

イースターだったせいかお店の中は閑散としていました(私たちと日本人夫婦が一組みくくらいでした)。

 

念のため地図を貼り付けておきますね。

 

同じエリア内にイッタラのアウトレットもあります。

f:id:sio-chan:20170427192630j:plain

私、どちらかというとこちらの方が楽しみでした。

アウトレットとは言え、種類も豊富で値段もお安くなってました。

もちろん新商品などをはじめ、アウトレットでない商品もたくさんありました。

2年前にフィンランドに行った際にもイッタラアラビアの工場でお皿を買い込みましたが、今回も少し買い足しました。

 

食器店をはしごして、息子も私たちも疲れたのでお茶でも〜と思い海沿いのカフェへ。

しかし!!ベビーカーでの入店できず!!!

外にも席はありましたが、さすがに寒すぎなので断念。

オムツだけでも替えたいなと思い店内へ。

トイレにはちゃんとオムツ替えシートがありました。

欧州に来て一番オムツ替え台らしい台でした。

 

店内はたくさんの人で賑わっていました。

ショーウィンドウに並べられていたケーキなどもどれも美味しそうでした。

f:id:sio-chan:20170427193104j:plain

この辺りには大量のかもめがいます。お客さんがテラスで食べている食事を遠慮なく啄んでいました。行かれる際はお気をつけて。 

 

参考になれば幸いです。 

 

ストックホルム前編をご覧になっていない方へ 

sio-chan.hatenablog.com

 

 

 

◆北欧つながりでフィンランドの記事もどうぞ

sio-chan.hatenablog.com

sio-chan.hatenablog.com