Just Add Salt,

Just Add Salt,

仕事を辞めてアムステルダムに住んで3年経ちました。欧州での暮らし・旅行のブログを書いてます。過去の旅行記事等を順不同で更新しますので時系列がばらばらなっているところもありますがご了承ください。たまに夫も記事を書いたりしています。

ポルトガルのリスボン街中散策編(リスボン旅行その①)

2015年の夏にポルトガルリスボンに3泊4日で行ってきたのでその記事を書こうと思います。

f:id:sio-chan:20170717195935j:plain

 

何故ポルトガルに行ってみようと思ったかというと、ヨーロッパ(ユーラシア)大陸の一番端に行ってみたいと思ったからです。

旅の理由って意外とそんなものだと思います。

 

今回行ってきたところをいくつか紹介したいと思いますのでご旅行の参考にしていただければ幸いです。

 

初日はホテルの近くの(と言っても15分くらい歩きましたが)ロシオ駅周辺を散策しました。

ドン・ペードロⅣ広場

f:id:sio-chan:20170718064839j:plain

幸い雲一つ無い晴天でした。

ここから海辺のほうに向かいました。

 

サンタ・ジュスタのリフト

f:id:sio-chan:20170718065130j:plain

街中を歩いていると突如長細いタワーが現れます。サンタ・ジュスタのリフトというエレベーター兼物見台のようなものです。かなり強烈な行列だった上に私が高所恐怖症なので外観を見ただけです。

ただ人気の観光地なんだなということが伺える程の行列でした。

 

ちょっとした街中でも古い建物を両側に見ながら石畳の道を歩いているだけでも満足できそうな街並みです。

f:id:sio-chan:20170718065640j:plain

 

ふらふら歩いていると頻繁に路面電車に出くわします。

f:id:sio-chan:20170718070101j:plain

f:id:sio-chan:20170718070152j:plain

 

下り坂の先に見える海がとても綺麗でした。

f:id:sio-chan:20170718070234j:plain

 

豪勢な門が見えてきて、その先にはまたもや銅像

f:id:sio-chan:20170718070443j:plain

f:id:sio-chan:20170718070542j:plain

その銅像のある広場はコメールシオ広場と呼ばれる所です。

昔この場所で起きたリスボン地震で崩壊したリベイラ宮殿の跡地のようです。調べてみるとこのすぐ近くのポンバイン地区というダウンタウンは当時崩壊した宮殿を改装して、宮殿ではなく「街」に変えたことで生まれた地区だそうです。

 

この辺りでお腹が減ったのでロシオ広場方面に戻りながらレストランを探しました。

ちょうど賑わっているレストランがあったので夕飯にCafe Beira Gareというレストランに入ってみました。

f:id:sio-chan:20170718061323j:plain

店内の雰囲気としては地元の大衆食堂みたいな感じで現地のお客さんで賑わっていました。店内もそこまで広くなく結構狭いです。

 

よく覚えていませんがイカフライだったと思います。

f:id:sio-chan:20170718062515j:plain

そしてタコ。(ヨーロッパにいるとタコを食べる機会が少ないのでメニューにタコがあると嬉しい)

f:id:sio-chan:20170718062523j:plain

あさりもありました。

f:id:sio-chan:20170718062622j:plain

海鮮縛りです。

 

私がこのお店で一番おいしいと思ったのはワインです。

妻が下調べをしていたようで「面白いワインがある」と言っていたのでそれを注文することにしました。

 

ポルトガルで飲まれていると言われる「ヴィーニョヴェルデ(Vino verde)」

その名の通り”緑のワイン”です。確かに見た目は白ワインですが少しだけ黄緑色です。

アルコール度数もワインよりも低い9%程度。しかも日本人好みのキンキンに冷たい状態で飲みます。

f:id:sio-chan:20170718062837j:plain

値段もそこまで高くなかったのでこの日は違う種類のものを2人で2本程頂きました。

味はマスカットをそのまま丸呑みしているような感じです。そして私たちは若干の炭酸を感じました(実際にはスパークリングなのかわかりませんがこのお店で飲んだものは微炭酸に感じました)。

興味があればお試しください。

Cafe Beira Gare

Praça Dom João da Câmara 4, 1200-016 Lisboa

 

帰りは歩く気力もなく地下鉄の駅を探してうつらうつらとホテルに向かいました。

リスボンの地下鉄のホームはこんな感じ。

f:id:sio-chan:20170718072641j:plain

私は完全に落書きだと思っていましたがちゃんとプリントされています。

f:id:sio-chan:20170718072703j:plain

リスボンの地下鉄は日本のように色分けされています。私たちはメインで緑と青を使っていましたが写真を見てわかるように特に電車の車体が緑とか青というわけではありません。むしろ全部統一で顔面は赤で側面は笑顔柄です。

騙されないようにお気を付けください。

 

その②に続きます。

リスボン旅行(その②)

sio-chan.hatenablog.com