Just Add Salt,

Just Add Salt,

仕事を辞めてアムステルダムに住んで3年経ちました。欧州での暮らし・旅行のブログを書いてます。過去の旅行記事等を順不同で更新しますので時系列がばらばらなっているところもありますがご了承ください。たまに夫も記事を書いたりしています。

リゾナーレ八ヶ岳に泊まって白州蒸溜所に行って来た(2016年山梨旅行)

どうも、今回も夫の旅行記です。

2016年の夏に日本に一時帰国した際に山梨に行った時の事について書こうと思います。

もうお盆休みも終わってしまい…もう少し早く書きたかった記事でしたが。

これから夏休みを取ると言う方や、子供達の夏休み最後の思い出作りにちょっと出かけようという方など、見ていただけたらと思います。

 

この年は一時帰国の予定があったので、夏休みは日本で過ごそうということになり山梨県に行くことに決めました。 

山梨は涼しいのかなと勝手に思っていましたが、盆地ですの涼しいわけがありません。

本当に暑かった・・・。

 

ただ実家の両親を含めた久々の家族旅行で行くにはゆっくりできたので良かったです。今後のご旅行の参考になれば幸いです。

 

 

桔梗屋桔梗信玄餅 -山梨の代表銘菓

信玄餅で有名な桔梗屋。子供の頃よく食べていました。

妻(福井出身)は一度も食べたことがないと言っていたのでそれだったら目的地までの道中に桔梗屋の工場があるので行ってみようということになりました。

 

工場直売所では信玄餅の詰め放題(桔梗信玄餅 -山梨の代表銘菓- グリーンアウトレット1/2)を行なっていたり、 信玄餅ソフトクリームが食べられます。

信玄餅の詰め放題は私たちが行った頃(お昼前)にはすでに整理券が完売していたので、もし詰め放題希望であれば朝早めに行く必要があるのかもしれません。

時間帯に関しては上記のグリーンアウトレットのリンクをご確認ください。

 

私たちの目的は信玄餅アイス。ソフトクリームに信玄餅、きなこ、黒蜜が乗っていて美味しい!!これはそこまで並ばずに買えました。362円(+消費税)。

f:id:sio-chan:20170813191811j:plain

 

②ホテルリゾナー

f:id:sio-chan:20170813192458j:plain

今回泊まったホテル。

f:id:sio-chan:20170813192714j:plain

f:id:sio-chan:20170813192720j:plain

ホテルのフロントでウェルカムドリンク(山梨産ワインと葡萄ジュース)を配っていました。昔星のグループになる前に数回来たことがありますが20年くらい前から全く雰囲気は変わっていません。

 

ホテルの中の小道では小さな露店(?)が軒を連ねていました。

f:id:sio-chan:20170813194129j:plain

 

HAMARA FARM。メロンよりも甘いとうもろこし。

f:id:sio-chan:20170813193355j:plain

f:id:sio-chan:20170813193340j:plain

f:id:sio-chan:20170813193257j:plain

このとうもろこし、生のまま食べる事が出来るのです。試食させてもらいましたが本当に甘くて美味しかった。標高の高い過酷な状況だから糖分を蓄えるのでしょうか。不思議です。


 

トマトも美味しかった。

f:id:sio-chan:20170813194112j:plain

f:id:sio-chan:20170813194147j:plain

 

ワイン飲み比べコーナー

f:id:sio-chan:20170814053815j:plain

f:id:sio-chan:20170814053835j:plain

f:id:sio-chan:20170814053842j:plain

ゾナーレ内にある雑貨店の一角にワイン飲み比べコーナーがあります。山梨のワインを集めており少しの量でも試飲ができます。

このコーナーの脇にある売店でプリペイドカードを購入しそれを使ってワインを購入します。電子食券みたいなイメージですね。

ワインは「少しだけ」と「グラス一杯」の2種類が選択できるのでお気に入りのワインを見つけるまで少しずつ飲んで、お気に入りを見つけたら一杯飲む、みたいなこともできます。

プリペイドですが結局お金がカードの中に余ってしまったもったいなかったということがないような仕組みになっていました(私はよくプレステストアで買い物をするのですが中途半端に余ってしまってまたチャージをしなければならず底なし沼にはまっている)。

 

気を取り直して、この後は荷物を預けサントリー白州工場へ。

 

サントリー白州蒸留所

ウイスキー白州の蒸留所の見学に行って来ました。

f:id:sio-chan:20170813195425j:plain

私たちは以下のウェブサイトから事前に予約をしました。完全予約制なのかはわかりませんが沢山の人で賑わっていたので事前に予約したほうが無難かもしれません。所要時間は1時間半くらいだったと思います。

注意点というわけではありませんが、グループの1人ハンドルキーパー(ドライバー)がいるかと聞かれます。ハンドルキーパーの方は工場見学後の試飲はソフトドリンクとなります。

webapl.suntory.co.jp

 

はじめに簡単なイントロダクションがあり、その後工場見学開始です。

f:id:sio-chan:20170813195732j:plain

5分程度でしたが敷地内を歩きながら色々な施設を見学します。

途中バスでの移動もありました。

f:id:sio-chan:20170813195753j:plain

ツアーに興味のある方がいっらしゃると思いますので詳細は説明しませんが、かなりこだわって作られているということがとても伝わって来ました。

f:id:sio-chan:20170813195816j:plain

f:id:sio-chan:20170813195821j:plain

貯蔵庫はウイスキーの香りで溢れています。

f:id:sio-chan:20170813195838j:plain

 

そしてお待ちかねの試飲タイム!

ここではホワイトオーク樽原酒(柏の木香り付けと長期保存に向いているらしい)、ライトリーピーテッド原酒(ピートは泥炭。ピートの煙で麦芽を乾燥させる)、白州、白州(ハイボール用)ウイスキーが試飲できます。

ここではおいしいハイボールの作り方を教えてくれます。それ以降その方法を真似して家でも作っています。

f:id:sio-chan:20170813195917j:plain

 ウイスキーがお好きな方は是非。

 

④えほん村

f:id:sio-chan:20170814052112j:plain

この頃はまだ息子は生まれていませんでしたが、生まれてくる息子のための絵本を探しに立ち寄りました。

(私の親曰く子供の頃に頻繁に来てたところらしかったのですが全く記憶にありませんでした)

 

 

日本人でも入村には手続きが必要です。

 

f:id:sio-chan:20170814052850j:plain

幸い簡単な手続き(入村料を払う)だけですのでご安心ください。

 

f:id:sio-chan:20170814053102j:plain

f:id:sio-chan:20170814053110j:plain

f:id:sio-chan:20170814053116j:plain

細部にこだわりを感じます。

えほん村の中には絵本の図書館のようなスペースがあり自由に絵本を読むことができます。ドイツ語や英語の本もあったので世界中から集めているようです。その中でいくつか購入できるものもあるようです。

 

そして村に飾られている木彫りの人形も購入可能です。写真は撮れませんでしたが子供ようの椅子や壁掛け時計等様々な種類のものが売っていました。

 

えほん村 ホームページ

 

この後ホテルに戻って来て楽しみにしていた温泉に入ったのですが、ここの温泉のユニークなところは男女混浴スペースがあることです。

仕組みとしては大浴場が3つのエリアに分かれており、一番奥に行くと混浴風呂があります。ですので混浴が絶対に嫌だというお客様にも、お子様連れのお客様にも配慮された仕組みになっています。

結局私と父は混浴スペースで妻と姉と母を待っていましたが合流できずにのぼせながら部屋に戻りました。

 

⑤清泉寮

翌日は帰り側に清泉寮に寄ってソフトクリームを食べて帰りました。ここは私が物心ついてから結構来ていた場所でしたので幼いながらソフトクリームが美味しかった記憶がありました。

元々ポールラッシュ博士という清里(この地域)開拓の父が運営する協会の青年指導訓練所だったようです。今は建物が増設されておりレストラン・売店・宿泊施設となっているようです。

何のご縁か、私たち夫婦の出身大学が別名セント・ポールと呼ばれているのですが、これは元教授だったセント・ポールラッシュから取られているのだそうです。

www.seisenryo.jp

 

駆け足でしたが、山梨旅行の記事を最後までお読みいただき有難うございます。

ちょっとお盆の旅行計画時期には間に合いませんでしたが、今後のご旅行の参考になれば幸いです。